必死の面接官!

数年前の話です!

私は求職活動中で自分が経験が有り、条件も

悪くはない求人を見つけました。

ハローワークで早速面接の依頼をしてもらい

面接日が決まり、後日担当者様より電話を

頂き面接が決まりました。

その時私は前の職場で人間関係の悪化から

うつ病になり、休職状態からそのまま退職と

いう辞め方をしていました。

その事を聞かれなければ良いなと思いながら

面接日を迎えました。

普通に職歴や経験を踏まえ前向きに話が進んで

いましたが、最後に前職を辞めた理由を聞かれ

ました。

あー… と思いながらも嘘ついても仕方ないし、

正直に話してダメならと思い病気の事を

全て話しました。

話し終わった後、ダメだろうなと諦めかけて

いたら、良く話してくれました!

私(面接官)は、経験や人間性を理解したので

あなたを採用したい!とビックリの言葉を

もらいました!

ただ、最後的には本社の承認が必要になるので

何日か時間を頂きたいと言われ待つ事にしました!

数日後、電話が有りもう一度会社まで来て欲しいとの

内容だったので出向きましたが、結果はあえなく

不採用。

その人は必死に会社側を説得してくれたらしい

のですが、やはり病気があると分かってて

採用するのは難しいとの事でした。

私は仕方ないと割り切っていたのですが、

その人は最後まで謝り続けました。

正直に話す事が良いか悪いかは分かりませんが、

そう思ってもらえた事に感謝してます。

Leave a Comment

About Chronicle

All the Lorem Ipsum generators on the Internet tend to repeat predefined an chunks as necessary, making this the first true generator on the Internet. All the Lorem Ipsum generators on the Internet tend to repeat predefined Lorem Ipsum as their default model text, and a search for web sites.